寝不足

眠るのに上手、下手があると常々思っています。昨晩は眠るのに失敗しました。上手く眠れず、仕方なく夜中に、しかめっ面してPCに向い、雑誌「ムネーモシュネー」第22号の編集作業をしておりました。途中で眠気に襲われて、これで眠れると喜んだのですが、これも失敗。2時間で眼が醒めてしまい、これまた仕方ないので、しかめっ面してPCに向かっておりました。おかげで、二つめの原稿の編集、入稿が完了。次は初校ですが、まだ原稿が出揃っていないので、このままズルズル作業が続いて、5月発行の予定が7月に延びそうです。21号の背表紙に「文月」とあるので、何とか今年は「水無月」・・・できれば「皐月」と記したいものです。
それにしても首が凝り、眼が痛み、と二重苦の休日。こういう日は、ごろんと寝っ転がって、CD文庫の朗読を聞いて過ごしたいものです。一番のお気に入りは、伊武雅刀さんの朗読する「ヴィヨンの妻」。聞きやすくてとても良い朗読だと思います。・・・さて、少し気分転換ができたので、作業の続きに戻ります。ごろんと寝っ転がるのは、しばらくオアズケです。・・・わん!

2015-04-29 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : konekosan

眼の衰え

やっと春らしくなって、そろそろ動きだそうかな、と思ったら眼の筋力が衰えて、焦点がうまく定まらなくてなってきました。ここしばらく、必死でものを見ようとしている所為か、ずっとしかめっ面です。気がつくと眉間に皺を寄せながら、眼を細めてPCの画面や本の文字を眺めています。そろそろ眼鏡の替え時でしょうか。常時眼鏡をかけるようになったのは、中学3年生の時でした。それから?十年、何度か眼鏡を作っていますが、高校生の頃からずっと視力が変わらず、いつも眼鏡のレンズは同じ度数であったことを一種の誇りとしていたのに、とうとうレンズの度数を変えなければならないようです。・・・そういえば、眼鏡屋さんもずっと同じ・・・
このところはまっている翻訳小説・・・やっと主人公は夜行列車で、リスボンに降り立ちました。リスボンの一日目で、主人公は眼鏡を壊してしまいます。眼鏡を失い、世界がすべて輪郭線を失いぼんやりとした色だけの世界になる心細さ・・・よくわかる!・・・
人生には分岐点が幾つもあり、自分の選んだ道が間違っているのではないかと思うことがきっと誰にでも一度や二度あるのでしょう。そんなとき、どの時点に戻ってやり直してみたいと思うか? そんな難しい問いが小説の中で投げかけられていました。・・・

2015-04-26 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : konekosan

まだ降りる駅ではありません

「リスボンへの夜行列車」という翻訳小説を読み始めました。最近、手にする本にハズレが多かったのですが、ひさしぶりにアタリが出たという感じです。ただ、題名は、個人的な好みからすると、「夜行列車、リスボン行き」がいいかな、と訳者の苦労も顧みずちょっと偉そうなことを考えたりしています。
今朝、電車の中で読んでいた箇所は、まだ主人公が夜行列車に乗る前。夜行列車に乗り継ぐために、普通列車で移動しているところでした。乗り合わせたポルトガル人が駅を間違えて降りそうになったので、主人公が覚えたてのポルトガル語で言うのです。「イスト・アインダ・ナン・エ・イルン」(まだイルン駅ではありません)」・・・一晩でポルトガル語を覚えた主人公に思わず、驚嘆。やはり語学の天才はいるのだ!・・・小説の世界にどっぷりつかりながら、妙に感心してふと顔を上げると○○駅という字が目に入って突然現実の世界に引き戻されました。あ、たいへん!私の降りる駅だ! あやうく一駅乗り越してしまうところでしたが、ドアが閉まる合図と同時に何とか駅のホームに降り立つことができました。お粗末さまです。

2015-04-24 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : konekosan

「5月例会」が決定いたしました

トップページの下の方にあります「お知らせ」のところにも載せておりますが、ムネーモシュネーの会「5月例会」の開催がようやく正式に決まりました。
5月16日(土)14時からです。
特別例会にしようかと思いましたが、定期的な開催を希望する意味も込めて、「5月例会」となりました。・・・6月は、釣った魚をリリースするかのように、流れてしまいましたが、とにかく5月は開催致します。
テーマは「詩を愛する人のために~詩人としての今道友信とその友・藤川正夫~」です。今道友信先生が生前最後に出版したのが『雲のゆくおるがん』でした。その書物は、画家・葉祥明氏との協同により出版された美しい絵と美しい言葉によって紡ぎだされた詩画集です。先生は哲学者と名乗っていましたが、それと同時に詩人でした。詩人というよりも、詩をこよなく愛した人であったというべきかもしません。その先生が晩年、機会を見つけては紹介していた詩人が、先生の小学生時代の同級生であった藤川正夫さんでした。この若くして戦死した藤川さんの詩を多くの人びとに読んでもらうことが、生き残った友の使命であると先生は考えておられたようです。
今回は今道先生の遺志を引き継ぎ、藤川正夫の詩を取り上げると同時に、先生の詩の世界に皆さまをお誘い致します。皆さま、ぜひご参加下さいませ。
会場:中央区立環境情報センター研修室1(〒104-0031東京都中央区京橋三丁目1番1号東京スクエアガーデン6階 京橋環境ステーション内)
アクセス:http://eic-chuo.jp/access/
話者:三村利恵(「ムネーモシュネーの会」主宰)
※準備の都合がございますので、参加ご希望の方は、トップページのメニューにあります「お問い合わせ」をクリックし、必要事項をご記入のうえ、5月14日までにご送信ください。その際、「件名」には「5月例会参加希望」と入力してください。また、複数でご参加下さる場合は、お連れ様のお名前を「メッセージ」欄にご入力下さいますようお願い申し上げます。

2015-04-18 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : konekosan

春のみぞれ

寒い一日でした。近所の桜はもう散ってしまったので、次は新緑・・・と思いきや、5年ぶり?のみぞれが降ったそうです。三島由紀夫の小説に「春の雪」というのがありましたが、今日は「春のみぞれ」・・・。でも、外の様子に気づかないほど、今日は忙しい日でした。生きるためとはいえ、意に沿わぬ仕事で身を粉にするのは辛いものです。・・・自分の意に沿うような仕事をしている幸せな人、好きなことをそのまま仕事にしているような幸せな人は人類全体の何パーセントくらいいるのでしょうか?

それはともかく、昼間に無駄に労力を使うので、この時間になると眠気に襲われて、まったく使い物にならないわが身に呆れます。・・・今宵もこれにておやすみなさいまし。

2015-04-08 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : konekosan

好事魔多し

「ムネーモシュネーの会を開きます」と宣言し、5月の会はともかく、6月の会は、日程も会場も講師も決まり、テーマもほぼ決まりかける、というところまで進んでおりました。講師の先生とメールで何度かやりとりさせていただき、自分の馬鹿さが露呈して恥ずかしくもありましたが、6月の会は有意義な楽しい会になりそうだ、という予感がしたので、ちょっとウキウキ気分になったのですが、「好事魔多し」というのは世のならわしのようです。延期になりました。中止でないので、よかった、よかった。・・・・もう少し詳しく状況を説明すべきなのですが、朝型の私は、上のまぶたと下のまぶたが今にもくっつきそうな眠気に襲われております。魔に襲われ、眠気に襲われ……。おやすみなさいまし。

2015-04-07 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : konekosan

Happy Easter 2015

ハッピー・イースターという言葉は、きっと外国では普通に使う言葉なのでしょうが、私にはなんとなく使うのに抵抗がありますが、かたい話はやめましょう。

イースターを迎えると「やっと春が来た」、と気持ちのうえでは、なんとなく嬉しいのですが、しかし本日の雨模様には閉口です。しかし天気はどうにもなりませんので、気にせず、そろそろ雑誌「ムネーモシュネー」の方も、22号発行に向けて本格的に始動だ!と思い、ほぼ一年ぶりに編集ソフトを立ち上げました。・・・ん? 21号の編集のために昨年新しくインストールしたソフトなのですが、あら使い方を忘れてしまった!! 自分の老化に嫌気がさしますが、こんなにみごとにきれいさっぱり忘れるなんて、とあまりの潔い忘却に笑ってしまいました。・・・笑っている場合ではないのですが、どうやら人間は最悪の状況を目の当たりにすると笑って誤魔化すようです。・・・それって個人の問題を一般論にすり替えているのでは・・・。まぁね。・・・かたい話はやめましょう。

2015-04-05 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : konekosan

寒の戻り?

肌寒い一日になりました。やっと目覚め、活動期に入ったかな、と思っていたのですが、体内時計は冬眠期に逆戻りです。3歩進んで2歩下がる・・・4歩下がったのではないので、いいといましょう。さて、ふとテレビのスイッチを入れたら、先日亡くなった落語家の桂米朝さんの追悼番組が放送されていました。私も中学生の頃からの大ファンでした。私なりの追悼の意を込めて、最近、毎晩米朝さんのCDを聞きながら寝ております。いつの間にか寝てしまうので、オチがわからず、何日も同じCDを聞いています。いつも同じようなところで眠りに落ちてしまいます。そこで今朝は、寝床の中で、昨日はどこまで聞いたのか、とCDを流しながら検証してみました。なんと、30分の演目の最初の10分で私は眠りに落ちていたことが判明。・・・眠りに落ちてオチがわからん。・・・面目ない話です。

2015-04-04 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : konekosan

花吹雪

最寄り駅を出てすぐのロータリーの真ん中に大きな桜の木があって、たぶん昨日が満開だったのでしょう。仕事からの帰り道、強風に煽られながら桜の方を見てみると、すでに陽が沈んだあたりが薄暮になっていた所為で、桜の花びらがまるで雪のようにはらはらと散っていて、花吹雪とはまさにこのことかと息を呑みました。道路は花びらが積もって一面桜色に染まり、そこに次から次へと雪花びらがさらに降っていくのは、本当に美しい光景でした。
こうやって自然は着実に夏に向かっていくのですね。
どうやら着実でないのは私だけのようです。

2015-04-02 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : konekosan

月例会の準備

昨日「ムネーモシュネーの会を開催します」と宣言した所為か、何かが急に動き出したような気がします。5月の月例会(仮称)はまだ白紙ですが、それを飛ばして6月の月例会の講師候補の先生とメールのやりとりが始まりました。…… まだ引き受けていただけるかどうかは未定。交渉中なので、私の口説き方、というのは人聞きが悪いので、もとい。私のお願いの仕方にかかっているのですが、教養のある人は違うなぁ~と関心しながらメールを拝読。…… こんな私で交渉が成立するのだろうか、と少しどころか、かなり心細くなりましたが、そんなことでめげてはいけない、と自らを叱咤激励しているところです。
それから、ムネーモシュネーの会のロゴマークを作って下さった方がいらして、それを本日頂戴しました。近いうちに公開したいと思っております。

2015-04-01 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : konekosan