初校を終えて・・・のはずが

やっと「ムネーモシュネー」第22号の初校を、昨夕、執筆者宛てに送り出しました。
これでやっと峠を越えました。・・・なんとか6月中には出せるかな・・・? ん?あ!しまった!自分の原稿を一つ忘れておりました。
今朝目を覚ましたときは、解放感があったのですが、失念していたことを思い出し、ただいま焦燥感に満ちています。6月中に出さないと! なぜ6月にこだわるかというと、背表紙に発行月を記載しているのですが、7月だと前号と同じになってしまうのですよね。そういう些細なこだわりのために焦っているわけです。・・・こんなことをしている場合ではありません。・・・何か書かねば・・・

2015-05-30 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : konekosan

後ろ向き

好きなことを仕事に出来る人は幸せだと思う。しかしそういう幸せな人は全人類の何パーセント存在するのだろうか? というのが、生きる糧を得るために仕事に忙殺されだすと、いつも頭に浮かぶ素朴な疑問。
どこで、人生の道を誤ったのだろうか? とついつい後ろ向きな考えも出て来る。もしやり直せるなら、人生のどの時点に戻りたいだろうか?
もう15年ほど前のことだが、ちょうど雑誌「ムネーモシュネー」を創刊した頃で、その頃は大学の一隅に隠棲し、一人でボチボチ編集作業をしていた。そこに時折暇つぶしにこっそり訪ねてくる人がいて、その訪問者と、子どもの頃に見た藤子不二雄さんのアニメ「パーマン」の話をしていたときのこと。あのアニメには、たしかコピーロボットだったか、コピー人形だったか、そういう名前の秘密兵器ではなく、秘密道具が出て来た。人形の鼻がボタンになっていて、それを押すと、その人形が押した人そっくりのコピーロボットになるという仕掛け。つまり、コピーがオリジナルの代わりに、勉強したりお母さんのお手伝いをしくれるので、オリジナルの方は、お外に遊びに出掛けられるというわけだ。「そんな人形があったらなぁ~、この面倒な作業を私の代わりに、私のコピーにさせるのにぃ~」、と私が言うと、その訪問者いわく、「自分と同じ怠けものが、もう一人増えても、仕事が片付くどころか、仕事が倍以上に増えるだけ」、とたしなめられた。なるほど、それはごもっとも。
私が人生をやり直したいと思うのは、それと似たようなことだ。もし人生のどこかの時点に戻ってやり直せるとしても、きっと私のことだから、同じように怠けて、同じように失敗するだけ。そして同じ苦労を味わうことになるのだ。やり直しなどはきかないということなのだ。だから、後ろを向くのではなく、ただ前のみを見ながら、とぼとぼと人生を歩むしかない。ん? もしかすると、オルフェウスの神話は、人間が神を信じないことだけではなく、後ろを振り向くという、消極的な精神についての教訓なのかもしれないなぁ。

2015-05-27 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : konekosan

宝くじ

宝くじ売り場の前を通ると、「本日大安」という張り紙がしてあることがあります。それを見て私などはつい「宝くじを買おうかな」、という気になるのですが、これは確たる根拠はないけれども、お日柄の良い大安だったら、宝くじが当たるかもしれない、というはかない希望の表れなのでしょう。でも、いやいや、まてまて・・・張り紙がしてあるということは、お日柄の良い大安だったら、宝くじが当たるかもしれない、と思うのがきっと私一人ではないということなのでしょう。とすれば、大安に宝くじを買う人が多いということであって、大安を避けて宝くじを買えば、残り福ということで当たる確率が上がるのでは・・・いやいや、まてまて・・・お日柄の良い大安だったら、宝くじが当たるかもしれない、と思って宝くじを買っても、多くの人が大安を狙って買うから、結局私などはいっこうに当たらないのだから、それならいっそのこと大安の対極に位置づけられる仏滅に宝くじを買えば、意外と当たるのではなかろうか・・・とながなが、くどくど書きましたが、要するに宝くじを買ったわけで、後は当たるのを待つばかりです。どうか当たりますように! 当たったら? もちろん、即仕事を辞めます!  

2015-05-21 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : konekosan

夏の和菓子といえば

5月も半ばを過ぎたので、「初夏」と呼ばせていただきます。初夏・・・夏・・・夏の楽しみはいろいろありますが、夏季限定のお菓子もその一つです。夏季限定のお菓子と一括りにせずに、さらにそれを細分化して何が一番の楽しみかといえば、京都の和菓子「貴船の彩」です。琥珀というお干菓子。「いろどり」という名にふさわしく、白、ピンク、水色の琥珀が、目に涼しげで、口に入れるとほんのりあまくて上品なお味。残念ながら昨年は口にすることなく、夏が終わってしまった。今年は偶然、ついこのあいだ、入手致しました! ふんふん♪と鼻歌まじりに、包みを開け、見慣れた箱を開けると、ん? いつもとちょっと違うような? ん? 形が揃っている! 確か以前は、氷砂糖のように、形が不揃いだったのですが、今年のは銀杏型で、ほぼ同じ大きさです。白には小さな金箔が入っていたのに、それも省略。・・・お菓子も進化するのです。今までのままがよかったのになぁ~、と過去を懐かしむような後ろ向きな態度はよくありません。あるがままを受け入れましょう!・・・ということで、ポィっと一つ口に入れると・・・やっぱり、おいしい! 夏の味です! 

2015-05-17 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : konekosan

PCの危機

ブログを更新しようかと思い、PCに電源を入れたところ、起動途中で、なぜか電源が切れました。・・・私と同じで体力がないのかしら、などとそんな馬鹿なことを考えるしかない状態です。このPCを購入してから何年が経つのでしょう? 5年?6年? 昨日のことさえよく覚えていないので、昨日以前は、すべて昔・・・。このPCが正常に働いていないことは、うすうす気づいてはいるのですが、もうしばらく、見なかったこと、知らなかったことにして、このまま使い続けようと思います。ある朝、電源を入れてもPCの画面が真っ黒なままだったらどうしましょう!という不安はあるのですが、起こってもいないことを今からあれこれ考えるというのは、キリギリス的な性格の私には似つかわしくありません。なるようになるさ~、は、は、は、と大らかに笑ってごまかしておきます。

2015-05-10 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : konekosan

夏仕様

ずっと我慢していたのですが、とうとう我慢も限界!本日髪をばっさり切りました。・・・失敗・・・私の希望がうまく美容師さんに伝わらず、残念な結果となりました。私が頭に思い描いていることを言葉にし、その言葉から美容師さんも頭に思い描いてハサミをチョキチョキ動かしていくのでしょうが、私の思い描く像と美容師さんの思い描く像が微妙に違うのです。・・・アルプスの少女ハイジ風の髪型と言っておきましょう。それがせめてもの自分への慰めです。
それでも髪を刈り込んだおかげでだいぶ軽く、涼しくなりました。毛を刈ったヒツジもこんな気分なのかな、と愚かな想像をしております。
髪を切ったのもそうですが、夜ごとガサゴソ(カサコソだとゴキブリのようなので、カサコソではなく、ガサゴソ)と、冬物と夏物を少しずつ入れ替えていたおかげで、やっと夏の準備ができました。
今日から5月。デア・ヴンダーシェーネ・モナート、奇跡のように美しい5月。心穏やかに過ごしたいものです。

2015-05-01 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : konekosan