2018年新春のご挨拶

あけましておめでとうございます。2018年、平成30年の幕があがりました。今年も何卒よろしくお願い申し上げます。

「ムネーモシュネー」第24号をクリスマスまでにすべて発送し、27日にボサボサになった髪をバサッと切ってすっきりする・・・はずでしたが、美容院に行ったあたりから、ん?体調が悪い?こりゃ、困った、と思っているうちに、帰省のための新幹線の発車時間も近づき、何とか乗車したものの、体の節々が痛み出し、名古屋を過ぎたあたりが、痛みのピークでしたが、新大阪に着いた頃には、痛みはとれました。・・・ああ、これはもしや、鬼の霍乱か・・・と思いつつ、元気にドラッグストアで、体温計を風邪薬を買い込んで実家に到着。体温計には2種類あるらしく、瞬時に予測体温を割り出すものと、5分かけて正確な体温を計測するもので、私が値段の安さに惹かれて買ったのは後者だったらしく、とにかくピピッと鳴るのが遅くて、気が遠くなりそうでしたが、やっと表示された数字を見ると、38.4度。ああ、やっぱり。子どものときから、37度台が苦しくて、38度に達するとみかけは元気そうで動き回れる体質なので、そんなことだろうと思っておりました。その日の夜は市販の風邪薬を飲んで、翌朝一番で病院へ。まだお医者が診察していて助かりました。

「たぶん風邪だと思うけど、インフルエンザの検査してみる?」とやや投げやりにお医者に言われて検査を受けましたが、幸い単なる風邪であることが判明。「抗生物質、ほしい?」とどこまでも投げやりなお医者に言われて、お薬をもらいましたが、結局、その薬は一回だけ飲んで、効きそうにないので、市販の風邪薬を飲みながら、実家でせっせと働いておりました。元気そうに見えるので、寝込むわけにもいかず、そうこうしているうちに、風邪薬の小さな瓶も二つ目がそろそろ空になる頃に、今度は帰京の新幹線の発車時間が近づきました。

いざ新幹線の改札を通るぞ、とICカードを改札口でかざしてみると、ピピッと音がするではありませんか。おやもう熱はないし、体温計は鞄の中。今度は何の音かと思いながら、もう一度ICカードをかざすとまた、ピピッと音がして改札の扉が開きません。女性の係員が近づいてきて、磁気不良でしょうかね、といいながら調べてくれました。「お客様、東京駅発になっていますが」・・・東京駅? 新大阪駅? すべてを把握するのに2秒ほどかかりました。ネット予約の時に、乗車駅を間違えて購入してしまったらしいが、そんな原因の追及をしている暇はなく、発車まであと20分。慌てて携帯を取り出して、切符の変更の操作をしようとしたら、携帯がうまくつながらず、とにかく窓口へ。東海道新幹線はJR東海の管轄なので、JR東海の窓口に駆け込み、ここからいかに自分がおばさん化していることが判明するような出来事があるのですが、事細かに説明するのは面倒なので、省略。とにかく、本来なら貯まった新幹線のポイントでグリーン車に乗ってゆったり帰京するはずだったのですが、窮屈な自由席で何とか帰京致しました。

このように年末年始は最悪でした。・・・しかしここでポジティブ・シンキング。年末に熱を出したけれど、お医者に診てもらえて、インフルエンザでなかったし、誰にも迷惑かけずにすんだのですから、めでたしめでたし。切符を買い間違えたけれど、予定よりも1時間ほど遅くなりましたが、自由席に座わって帰ってこられたのですから、めでたしめでたし。

今年も、何とかなるさ~、ケ・セラ・セラ~の精神で過ごしたいと思います。

 

 

 

I

2018-01-04 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : konekosan