雑誌「ムネーモシュネー」

このエントリーをはてなブックマークに追加

現在の最新号は第24号(2017年12月発行)です。

第24 目次

♣『夕ぐれの時はよい時』について

♣同時代の詩人たち -藤川正夫と水原昇-

♣詩の預言性

♣フリードリヒ・パウルスン、忘れられたカント研究者

♣詩の翻訳をめぐる五〇年の彷徨

♣『夢十夜』拾い読み

♣フェーリックス・メンデルスゾーンの肖像画

〈バックナンバー目次〉